早くも主流に?スマホ向けコーディング代行

早くも主流に?スマホ向けコーディング代行 コーディング代行の世界も、時代とともに進化をつづけています。ひと昔前まではコーディング代行というと、PC向けサイトの設計から保守管理が主流になっていましたが、ここ数年はスマートフォン向けサイトの作成依頼が増えつつあり、全体の比率としてもPCサイトの設計依頼とならびつつあります。

スマホ向けサイトも、コーディングの基本部分はPCサイトとさほど変わりません。ただ、PCとスマホではやはりディスプレイのサイズが違うため、それぞれの表示領域を考慮したうえでサイトレイアウトを組み立てる必要があります。また、スマホ端末もここ数年で多機能化しているとはいえ、スクリプトやjavaなどの拡張機能についてはPCサイトに及ばない面がありますので、そのあたりのスペックの違いも視野に入れたうえで仕様書を組み立てていく必要があります。

PCサイトとスマホ向けのサイトを区別していない企業も少なくありませんが、それはとてももったいないことです。PCサイトをそのままスマホ上で表示するとどうしてもレイアウトが合わず、ユーザーとしては見にくい印象を受けてしまいますので、ウェブチャネルによる集客・販促を本気で考える場合は、スマホ専用サイトを別に用意しましょう。

最新ニュース